面白雑学トリビア特集

おっぱいの七不思議

このエントリーをはてなブックマークに追加
母乳は赤ちゃんの成長に合わせて、成分の内容が変わります。最初の日に出る初乳、3日目、1カ月目と母乳の組成はどんどん変わり、赤ちゃんが「いま必要としているもの」が自然に与えられるように出てきます。いわゆる完全食です。

赤ちゃんは1回の授乳でも、内容が変わります。飲み始めと終わりごろとでは、成分が違うのです。始めはおなかにもたれないように脂肪濃度の低いものが出、しだいに脂っこい味のものが出るようになります。

母乳は鉄分が少ないのですが、母乳を飲みつづければ腸粘膜がはがれ落ちないので、鉄分を失うことはありません。

母乳で育った人は青年・壮年期に心筋梗塞を起こしにくいというデータもあります。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、風邪にかかりにくいといわれています。それは母乳の免疫体が気管支表面につくからでしょうか?

母乳を飲んで育った赤ちゃんは、下痢、ぜんそくの症状や湿疹などにかかりにくいともいわれています。

語りかけながらの授乳で、言葉をはやく覚えるといいますが、確たる証拠はなさそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com