面白雑学トリビア特集

1万円札の福沢諭吉は何歳の時の顔か

このエントリーをはてなブックマークに追加
1万円札に描かれている福沢諭吉の肖像は、明治24年(1891)、諭吉56歳のときのもので、慶応大学の資料室にあったものを使用したといわれています。

56歳といえば、子どもたちが次々に結婚したころであり、諭吉も親としての幸福をかみしめていた時期です。

諭吉の肖像としては、『福翁自伝』(福沢諭吉著、自叙伝。明治32年刊)の口絵になっているものが、もっとも円熟味のあるものとして多くの人から好まれています。その肖像は、いすに腰かけたおだやかな表情ですが、家族のあいだでは「年寄りくさい」ということで、評判が悪かったようです。

もっとも、この写真が諭吉の元気なときの最後の写真となったのですから、家族の目には後に病気で倒れる諭吉の姿が見えていたのかもしれません。

家族のあいだで、もっとも評判がよかったのは50歳くらいのときの、元気がよくて、生き生きと写っていたという写真です。そのころは、『時事新報』を創刊したり、著作のほうも『学問之独立』や『日本婦人論』『男女交際論』などが次々に刊行され、そのうえ長女の結婚と四男の誕生という、おめでたい出来事がつづいた時期だったのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com