面白雑学トリビア特集

日本には桜が多いね

このエントリーをはてなブックマークに追加
春といえば桜。日本の花と言えば桜。

日本の国を代表する花として、また季節を感じさせてくれる花として、桜は日本国民に愛されています。

春一番情報など色々な春らしい情報が流れ始めると、桜の開花情報も耳にするようになります。この桜、日本中いたるところで見ることが出来ます。むしろ桜を見ないことが出来ないことの方が珍しいぐらいです。

それくらい日本には桜が多いですよね。どうしてこれほど桜が多く見られるのでしょうか。それは、当たり前ですが元々昔から桜の木が多かったからなんです。

桜には、野生種で9種類、変種も入れると100種類近くあったといいます。 桜にとってよほど日本の気候が気に入ったのでしょうか。世界で一番桜の多い国となりました。

桜というのはパッと咲いてパッと散ってしまう。そんなはかなさが日本の仏教の思想とマッチしたのか、日本人が選ぶ好きな花の上位にランクインされています。そのため、公園や道路には勧んで桜を選んでいたのです。

同様に学校にも桜の木が多いのですが、こちらは戦時中の軍国主義が関係しているようです。桜のパッと咲いてパッと散るというところが、軍人魂をよく表しているとして、全国の学校に植えられたのだといいます。

そんな経緯があって、今も日本全国で桜が多くみられるのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com