面白雑学トリビア特集

死ぬ瞬間に痛みを感じるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰もが必ず一度は経験するが、二度と経験できないもの、それは「死」。

例えば、事故や災害などに遭遇して、不幸にも命を落とした人は、死ぬ瞬間に痛みを感じているのでしょうか?

死ぬ間際の人に「痛い?」と聞いても、まだ死ぬ瞬間を経験していないので、実際は分かりません。ところが、死ぬ瞬間を経験してしまった人には、今度は話すことが出来ません。こればかりは経験者に語ってもらうわけにはいかないのです。

というわけで、これから先は憶測の世界の話となってしまうのですが、現在までの時点では、「死ぬ瞬間は痛みを感じない」という説のほうが有力だそうです。

痛いとか苦しいとかと感じるのは脳が正常に機能している証拠。心臓が停止しそうな状態の時には、血液の循環が悪くなり、脳が正常に機能しているとは考えずらいので、痛みを感じていないのではないかというのです。

無論、死ぬ間際まで痛みを訴えている場合もありますが、死を迎える瞬間には痛みを感じなくなっているのです。逆に最近では、死を迎える瞬間にはエンドルフィンという脳内麻薬を大量に放出し、いわゆるランナーズハイのような状態で、気持ちよくなって死ねるという説もあるそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com