面白雑学トリビア特集

顔が青ざめる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
人が恐怖を覚える場面に遭遇したときに、「顔が青ざめる」というような表現を使いますが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

人が強い恐怖を感じた時、顔が青ざめる現象は、本能的な肉体反応によって起こります。

体は、身の危険を感じると毛細血管を収縮させて、敵に傷つけられた際に出来るだけ出血をおさえようとします。そのような防衛反応が起こるために血相が悪くなるのです。

それと同様に、汗を掻いたり、疲れを感じるのも、体が何かしらの機能を果たそうとして変化を起こしているので、自分の体の変化について理解していると、不足の事態になっても冷静に対応できるかも知れませんよ。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com