面白雑学トリビア特集

本当にミカンで黄色になるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
冬の過ごし方の典型、コタツでミカン。人によってはかなりの量を食べるミカンですが、食べ過ぎると手が黄色っぽくなることが知られています。これは皮の色が染み付いたわけではなく、たくさんの色素により体の内側から黄変するためです。

原因となる色素はカロテノイドの一種、βクリプトキサンチン。この物質が大量に取り込まれると、血液中の脂肪酸と結び付き体じゅうの脂肪に蓄積されます。

あちこちが黄色っぽくなりますが、特に目立つ、特に気が付くのが「手」というだけで、他には足の裏でも黄変がよく分かるんです。

柑皮症と呼ばれるこの症状は、ミカンのような柑橘類だけでなくニンジンやトマトでも多く食べれば生じるものです。害は無く一時的なもので摂取量が減れば元に戻ります。害がないどころかβクリプトキサンチンは最近βカロチン以上の発ガン抑制効果が期待され注目の的なのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com