面白雑学トリビア特集

シャチホコの謎

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋城天守閣といえば、屋根に飾られた豪華な金のシャチホコ(鯱)。名古屋城以外でも屋根にシャチホコのある城はいくつかありますが、そもそも何故あんなところに魚を飾るのでしょうか。そもそもシャチホコって何なんでしょうか。

実はシャチホコは中国に古くから伝わる想像上の生物。頭は竜で、背中に鋭いトゲを持つ魚で、海の殺し屋、海のギャングと呼ばれる実在のシャチ(鯱)とは別物ですが、シャチがモデルとも言われています。シャチホコは魔除けであると同時に口から水を吐き「防火」の効があると考えられ屋根に飾られているのです。

ちなみに名古屋城のシャチホコは北側がオス、南側がメスだそうです。作られた当初は一対で約320kgもの金が使われていましたが、その後何度か改鋳、盗難、戦火による損壊で作り直され、現在のシャチホコには一対88kgの金が使われています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com