面白雑学トリビア特集

夜景の値付け方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
キレイな夜景のことを「100万ドルの夜景」と形容することがありますよね。

単に語呂がいいから使われることも多いんですが、日本三大夜景、函館(函館山)・神戸(六甲山)・長崎(稲佐山)の中の1つ、神戸の夜景に関しては具体的な理由があるのです。

神戸の100万ドルの夜景は、1953年(昭和28年)に当時の電力会社の副社長が命名したと言われています。

六甲山から見渡す神戸・芦屋・尼崎・大阪の電灯にかかる1ヶ月の電気代が約4億2900万円、当時のレート1ドル360円で換算すると約120万ドルとなり、キリのいいところで100万ドルというわけなんです。

なお現在神戸の夜景は「1000万ドルの夜景」とも呼ばれているらしいです。

世界三大夜景は国によって諸説ありますが、日本ではナポリ・香港・函館と言われています。ちなみに日本でも世界でも三大に入る函館では8月13日を夜景の日(や=8、けい=K=トランプの13)とし、家のカーテンを開けたり、イルミネーションで飾ったりして住民協力のもと夜景の演出をしているとの事です。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com