面白雑学トリビア特集

ヤッホーの歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加
山に登ったら遠くに向かって「ヤッホー」と叫ぶ。そうすると、山びこで声が返ってくる…。ヤッホーというのはヨーデルで人に呼びかける時の音の表現法に由来すると言われていますが、山の上でのヤッホー(yo-ho)にはこんな話があります。

昔、あるドイツのキリスト教宣教師が高い山に登りました。辛い思いをしてようやく着いた頂上でふと周りを見ると素晴らしい景色。感動して思わず神様の名を叫んだ、「ヤハウェ!」と。ヘブライ語の旧約聖書に出てくる神の名の読み方のひとつ。これを真似ているうちに「ヤッホー」になった、と言うのです。

ちなみにヤッホーと誤読される検索ポータルサイトの「Yahoo!」(ヤフー)は、Yet Another Hierarchical Officious Oracle(便利な多階層のデータベースみたいな意味)の略という説もあるが開発者のデビッド・ファイロとジェリー・ヤンによると、これはガリバー冒険記に出てくる登場人物の名前で、自分達を同じような「ならず者」だと思っていたからと主張しているんだそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com