面白雑学トリビア特集

レギュラーとハイオクの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガソリンスタンドで給油する時、レギュラーかハイオク(プレミアム)かを指定しますよね。

レギュラーにしか縁の無い人にとっては、ハイオクは高級品で、お金に余裕がある人が入れるもの…と思ってる人も多いとか。確かにハイオクの方が値段が高いけれど、単純に財布の中身で選べるようなものではないのです。

ハイオクとは「High Octane Number(高オクタン価)」の略。オクタン価はノッキング現象の起こりにくさを表わす数値で、高いほどエンジンの回転は滑らかになります。

アンチノック性の高いイソオクタンと低いノルマルヘプタンの混合物と試料を比べ、試料と同じアンチノック性を示す時の混合物中のイソオクタンの体積百分率がオクタン価。日本では89以上がレギュラー、96以上がハイオクとされています。(JIS規格により)

車にはハイオク仕様、レギュラー仕様があります。それぞれのオクタン価で最高の性能を発揮できるように設計されているため、ハイオク車にレギュラーを入れてはダメで、さらにレギュラー車にハイオクを入れても本来の性能を発揮できないこともあるのです。

ちなみに輸入車、特にヨーロッパの車(ワーゲンなど)はレギュラー仕様ですが、ハイオクを入れなければなりません。

ドイツなどの国のレギュラー基準はオクタン価91以上だからです。日本では91未満のレギュラーが存在する以上、万全を期した方が良いという事ですね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com