面白雑学トリビア特集

空港の珍コード

このエントリーをはてなブックマークに追加
成田はNRT、羽田はHND、香港はHKG、ホノルルはHNL、ロサンゼルスはLAX。ニューヨークには3つも空港があり、ケネディ空港はJFK、ラ・ガーディア空港はLGA、ニューヨーク(ニューアーク)空港はEWRというように、空港それぞれに3字のコードがついています。

それについて過去こんな話がありました。

プロペラ機時代のこと、サンフランシスコ空港(SFO)でフレズノ(世界的な干しブドウの産地であり、ヨセミテ国立公園への玄関口にもあたるカリフォルニア州中部の都市)に向かう体格のいい女性が、彼女の荷物につけられた荷札を見て、カウンターで係員に向かって猛烈に怒り出しました。

なんと、フレズノのコードはFAT(デブ)だったのです。以来、同空港のコードはFNOに改められました。

他にも、マドリッドはMAD(狂う)、シンガポールはSIN(罪悪)というものがあり、そのままいまも使われています。

まだまだこのような珍コードがあるかもしれないので、海外旅行の時は空港の3字コードに注目してみると面白いかもしれません。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com