面白雑学トリビア特集

世界一大きなお札とはどんな札か

このエントリーをはてなブックマークに追加
普段殆どの人は毎日お札を見たり触ったりしているので、その大きさがどれくらいか、大体は想像出来ると思います。

でも、正確に何センチと答えられる人はほとんどいないと思います。

例えば、1万円札の大きさは縦が84ミリで横が174ミリ、1000円札はそれよりも若干小さく、縦が76ミリ、横が164ミリです。

これを大きいと感じるか、小さいと感じるかは人それぞれですが、世界に明らかに大きなお札もあるものです。

ノルウェーの500クローネと1000クローネ札は、縦が127ミリ、横が216ミリ。

また、スウェーデンの1000クローナ札は、縦が121ミリ、横が210ミリ。現在、流通している紙幣では、文句なしに世界一の大きさです。

しかし、これくらいで驚いてはいけません。明時代の中国で、1368年から1393年のあいだに使われていた「一貫紙幣」は、なんと縦が228ミリ、横が330ミリと週刊誌よりも大きいサイズだったそうです。

現行1万円札の約6枚分もありました。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com