面白雑学トリビア特集

和式トイレ用のウォシュレット

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんと和式トイレ用のウォシュレットを、トイレの最大手メーカー、TOTOが生産していました。

その名も、和式便器用温水洗浄器「ウォシュレットW」。お客さんの要望があったことから開発し、平成8年(1996年)3月から平成15年(2003年)3月まで販売していた商品で、値段は1台8万9000円でした。

基本的には普通のウォシュレットと同じく、和式便器のうしろの部分からノズルが出てお尻を洗浄します。

ウォシュレットWの「W」は和式の「わ」からきているそうです。

ウォシュレット(Washlet)とは、東陶機器(以下、TOTO)が発売する温水洗浄便座の名称です。

1980年6月に発売以来、2005年6月には累計販売台数が2000万台を突破しました。温水洗浄便座では高いシェアを誇り、INAX(同社の名称は「シャワートイレ」)や他社製の同種のものも含め、ウォシュレットと呼ばれるほど、名称も定着しています。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com