面白雑学トリビア特集

何をしても死なない虫

このエントリーをはてなブックマークに追加
地球上最強の虫

それは「クマムシ」と呼ばれる生物で、学名は「milnesium tardigradum」と言います。

大きいもので体長約0.5ミリ。泳げないくせに水の中で生活する水棲生物です。

草むらの苔や海岸の砂の中などに生息してます。

このクマムシ、実は物凄い生命力を持っています。

・120℃で2時間加熱しても水をかければ復活する
・真空状態で1時間ほっておいても生きている
・-195.8℃で冷却しても溶かせば復活する
・放射線や強いアルカリといった化学物質にも耐性がある

地上最強の生命力…かと思いきや、寿命自体は半年しかないそうです。

クマムシはあらゆる環境に対する絶大な抵抗力で知られています。

・周囲が乾燥してくると体を縮めて樽状(tun)になり、代謝を最小限に保って乾眠(かんみん)する。乾眠個体は、過酷な条件に耐えることができる
・通常は体重の85%をしめる水分を0.05%まで減らし、極度の乾燥状態にも耐える
・151℃の高温から、ほぼ絶対零度の-272℃の極低温まで耐える
・真空から6000気圧の高圧まで耐える
・高線量の紫外線、X線等の放射線に耐える(X線の致死線量は57万レントゲン(ヒトの致死線量は500レントゲン))

クマムシはこの状態で数十年以上生存することができるといいます。

博物館の苔の標本の中にいたクマムシの乾眠個体が、120年後に水を与えられて蘇生したという記録もあるから驚きです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com