面白雑学トリビア特集

ハムと大根の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
演技の上手い役者「千両役者」は、次々と演技をこなし華やかな舞台へと出て行きます。一方で何をやってもダメ、演技が下手、そんな「大根役者」もいるのが、テレビや映画、舞台の世界の現実。ところでなぜ下手な役者が大根なんでしょうか?

役者の付き人や予備の役者を「ダイコウ」と呼んだから、というのもありますが、やっぱりスッキリするのはダジャレ説。大根自体は消化が良く、また他の食べ物の消化を助ける。

煮たり焼いたり、どんな調理法でも「当たらない」「当たったためしがない」そして「すぐ下ろされる」、つまり下手な役者なのです。

アメリカやイギリスでは大根役者のことを「ham actor」、ハム役者というそうです。

アマチュア無線のことを「ハム無線」とも言いますが、hamは素人というような意味を持ち、ハムレットのハムとも言われます。

シェークスピアのハムレットは、それ自体が名作だから誰がやっても名作。下手な役者に限ってやりたがるが、自分が下手なことに気付かない、そんなところから来ているのだとか。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com