面白雑学トリビア特集

ノーベル賞の謎

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本でも毎回大きな話題になるノーベル賞。ダイナマイトの発明で巨万の富を得たアルフレッド・ノーベルの遺言によるもので、賞金はノーベル財団が管理する彼の遺産(基金)の利子と株式や不動産の運用益などから捻出され、実は財団の財政状況により賞金額は変化します。

賞金の捻出法はというと、まず基金の利子と運用益のうち、10%は元金に追加され、毎年基金は増加しています。残り(90%)のさらに25%が選考や授賞式などの経費で75%がスウェーデンで授与される物理学賞、化学賞、医学・生理学賞、文学賞、ノルウェーで授与される平和賞の5つの賞に分配されるわけです。最近では各賞1億円強の賞金になっていて、複数受賞者がいる場合にはさらに分配されます。

経済学賞はノーベルの遺言になかったため、スウェーデン銀行からの寄付で賄われており、正確には「ノーベル記念経済学賞」というものです。また、物理や化学の基礎分野でもある「数学賞」がないのはノーベルが数学嫌いだったため、数学を重要と思わなかったため、あるいは(女性関係などで)犬猿の仲だったミッターク・レフラーという数学者を受賞させないためになどと言われています。いろいろ思惑のある賞なんですね。

数学界ではノーベル賞級のものに「フィールズ賞」というのがあり、4年に1度、40才未満の数学者を対象に贈られています。日本人では、過去に3人受賞者がいます。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com