面白雑学トリビア特集

本当に酢で軟体になるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
「体が硬い人は酢を飲め」っていう言葉、よく聞きますよね。この俗説、昔から多くの人に信じられています。江戸川乱歩の「孤島の鬼」の中にも、「サーカス団員や曲芸師は子供の頃から酢を飲んで、身体を骨から柔らかくしている…」っていう記述があるぐらいです。ところが、この話には医学的根拠はない、っていうと驚きますか?

たしかに、酢を摂取すると血行が良くなり、体の各器官の働きが良くなります。酢に含まれる酢酸、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸などの有機酸は自律神経を刺激して血行をよくします。これらには体内に蓄積された乳酸を分解する、つまり肩こりや疲労の回復に役立ちます。その結果として、体の柔軟性は少しぐらいは増すかもしれませんが。

そもそもどうしてそんな俗信ができたのか、っていうのはハッキリしていないのですが、例えば魚の南蛮漬けなんかは、酢に漬けて魚の骨を柔らかくする。ここからそういうふうに信じられるようになった、というのはあくまでも推測の域を越えませんが…。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com