面白雑学トリビア特集

本当は地球は球形じゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加
測量の技術が未熟だった頃、地球のカタチは想像に頼ったもので、箱型だから地の果ては絶壁で、そこには魔物が住んでいる等と考えられていました。やがて球形であることがわかり、地球儀は球、絵に描く時も普通はキレイな円を書きます。しかし本当に球形なのでしょうか?

山脈や海溝があるからそんなにキレイではないのは当然ですが、それを除いて考えた場合、北極〜南極の距離よりも赤道直径の方が短いのです。地球が自転していることで遠心力の関係から、赤道付近が膨らみ、北極〜南極が押しつぶされたような楕円球をしているのです。中心からの距離が違うため、場所によって重力が違い、肉屋さん等の量りも全国、緯度によって微妙に調整されているんだそうです。

ただ楕円球というのは実は少し昔の話。人工衛星の軌道から測量されたものによると、現在は北極が少し出っ張っていて、北半球に少し"くびれ"があり南半球は太っている、極端に言えば「洋ナシ型」とされています。地球内部で質量が移動したため、膨らんだところは重力が大きくなるためなどと言われていますが、はっきりしたことはまだ分かっていません。

絶えず変形を続ける地球。実はカーナビに搭載されたGPSによる位置特定の誤差の1つの原因にもなっているようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com