面白雑学トリビア特集

地球最後の日の長さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1999年7の月、同年の年末、それから20世紀末に「地球・人類が滅亡する」と言われていた日は、ことごとく過ぎていきました。その日があなたにとって、最後の日だ、と宣告されれば1日はとても長く感じるかもしれません。ところで、50億年後、地球がその寿命で滅びる日には、1日が本当に長い、というのを知っていますか?

ご存知のように、現在1日の長さは約24時間です。これは地球が1回自転するのにかかる時間です。しかし、大昔からそうだったというわけではなくて、地球誕生の頃は、地球は1回5時間ほどで自転していました。45億年後の現在に至るまでに、地球の自転速度は遅くなっているということになります。これは、月の引力による潮の干満により、地球の回転にブレーキをかけているのが原因だそうです。

これによる自転速度の変化はわずか10万年に1秒ですが、地球が滅亡する頃には1日が44時間の長さになるという計算も発表されています。もっとも、最後の1日だけが長いわけではないですから、違和感を感じる事は無いでしょう。それ以前に人類がその時代まで存在しているのでしょうか…
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com