面白雑学トリビア特集

コナ耳アメ耳って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加
耳垢は、外耳道にある汗腺や皮脂腺、耳垢腺の分泌液がもとになって出来るもので、殺菌や皮膚を保護する働きをしています。

皮脂腺からの分泌液の量によって耳垢には2つのタイプ「コナ耳」(乾燥タイプ)と「アメ耳」(湿り気タイプ)がありますが、これは遺伝的なものだそうです。

地方によって違いはありますが、日本人はコナ耳が多く、アメ耳は全体の1〜2割程度。早い時期に大陸を南下した南方系モンゴロイド、縄文系はアメ耳、対して北に留まった北方系モンゴロイド、弥生系はコナ耳だと考えられています。

英語で耳垢は「earwax」と言います。欧米人のほとんどはアメ耳で「耳のワックス」とい言われています。

またコナ耳アメ耳の違いはワキの臭いの強さとも関連していて、アメ耳の人の方が臭いが強いと言われているようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com