面白雑学トリビア特集

ノンシュガーとシュガーレス

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ数年、お菓子や飲料に「シュガーレス」や「砂糖不使用」の表示を見かけることが増えています。

これを見ると、どちらも同じ意味でなんとなく太りそうにない、ダイエットに向いている、と思う人も多いと思いますが、実はこれらの意味は違うし、まったくのゼロではないという事を覚えておきましょう。

まず「シュガーレス」の表示。

この場合「シュガー」というのは糖分のことを指し、砂糖はもちろん、ブドウ糖や果糖の含有量が100グラム中0.5グラム未満(飲料なら100ml中0.5グラム未満)の時、表示することが出来ます。

甘味が無いというわけではなく、基準に無い糖類や甘味料は使えるため、糖アルコールやステビアが甘味として使われることが多いようです。ちなみに無糖、糖分ゼロ、ノンシュガー、シュガーフリーも同様の意味で使われます。

一方「砂糖不使用」は、加工の過程で"砂糖"そのものを使っていないという意味で、砂糖を含む原材料(果汁など)や砂糖以外の糖類(ブドウ糖など)を使っていても「砂糖不使用」と表示することが出来るようです。

ダイエットを考えるならは、しっかりカロリーも見るべきでしょう。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com