面白雑学トリビア特集

指揮者の素質

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーケストラで唯一客に背を向けている指揮者。それぞれの楽器の音色表現を統括し、1つの音楽を作り上げる中心的な役割を持つ人です。世界的に有名なカリスマ性を持つ指揮者も少なくありませんが、楽器を持つわけではありません。

では、一体どうやったら指揮者になれるのでしょうか?

指揮者に求められる基礎は、音楽全般に関する知識や音楽理論、各楽器に関する知識、リズム感や音感など。必ずしも楽器を演奏できる必要はありませんが、素養としてピアノなど鍵盤楽器を弾けるのが一般的です。

特に資格や学歴も必要ありませんが、音楽大学(指揮科がある学校も)を出て小さな楽団から経験を積んだり、作曲家や楽器の奏者から転向する人が多いいようです。

といっても、知識さえあれば指揮者になれるのかという訳でもありません。自分なりにその楽曲を十分に解釈し、独自の感性で音楽を作り上げるのが、芸術家としての指揮者なのです。

だからこそ同じ譜面でも指揮者によって雰囲気の違うものとなり、「○○の指揮する××の曲」という評価がそこに生まれるのです。

そのため、聴く人によって、同じ曲でも指揮者によって評価や好みが変わるのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com