面白雑学トリビア特集

大人と赤ん坊の骨は

このエントリーをはてなブックマークに追加
成長前の状態である赤ん坊と、すでに成長した大人と比較した時、大人の方が身長も体重も、そして知識も多いのは当たり前です。しかし、骨の数に限っては、大人よりも赤ん坊の方が多いのです。

なぜかといえば、生まれたての赤ん坊は骨が軟らかいので、折れるのを防ぐ為に細分化されていて、それが次第にくっついていくからなのです。

この働きは成人するまでに終わり、生まれた頃、約305個(人によって多少の違いはある)あったものが、最終的には約206個になるのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com