面白雑学トリビア特集

空港着陸費用

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちが飛行機という交通手段を使う場合、お金のことで気になるのは単なる運賃です。ところが、飛行機が空港に着陸するには飛行機(航空会社)は空港に着陸料を払っているのです。巨額のお金をかけて作った施設ですから、利用料を取られても当然といえば当然です。

それでは、実際にどれぐらいのお金が必要なのでしょうか。

金額に関しては「運輸大臣が設置、管理する公共用飛行場の使用料に関する告示」に定められていて、内訳は普通着陸料、特別着陸料、夜間照明料、停留料、格納庫使用料に分けられています。

普通着陸料は、国際線と国内線を区別した上で、飛行機の重量に応じて徴収されます。同じ機種でも乗客数や貨物料によってその重量が変わるので、料金も変わります。

ちょっと古いデータになりますが、国内線でボーイング747-400(ジャンボ)だと、税込みで約29万円。安いといえば安いのでしょうが、これを毎回とられるとなると、結構な負担です。特別着陸料はターボ・ジェット・エンジンの飛行機から徴収し、騒音対策費といった意味合いがあります。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com