面白雑学トリビア特集

透明なアイスティー

このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー派の人にはあまり縁がないかもしれませんが、喫茶店や専門店で出てくるアイスティーはきれいに澄んでいるのに、自分で紅茶を入れて冷やすと、濁って透明感がなくなってしまいます。

これは、紅茶の温度が40〜50度くらいに下がると起きる"クリームダウン"という現象で、紅茶の2大成分のタンニンとカフェインが水素と結合して、不溶性の物質が生まれたために起こるようです。

紅茶の葉によってタンニンの含有量や種類がさまざまなので、そのメカニズムは十分にはわかっていないませんが、透明なアイスティーを作りたいなら、この現象が起きる温度帯をあっという間に通過する、それぐらい急激に冷やせばいいそうです。

ザルなどに大量の氷を用意しておき、紅茶を濃い目に入れて上から注ぐ。氷の間を一気に通過させる事で、簡単に冷えるのです。

最初からぬるいお湯で紅茶を入れる方法もあります。3〜4割増しの紅茶の葉に、50度くらいのぬるま湯を注ぎ、10分ほどかけてゆっくり蒸らします。そして氷をたくさん入れたグラスで頂きます。
最初は紅茶を濃い目にするのは、多量の氷で冷やす時に薄くなるから。ちょっと手間はかかっても、1度でいいから美味しいアイスティーを作ってみましょう。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com