面白雑学トリビア特集

ビールだと、たくさん飲めるのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
普通のジュースや炭酸飲料となると、そんなにたくさん飲むことは出来ません。しかしビールだと不思議と何杯も飲ます。これは何故でしょうか?

その答えは、体の受け入れ方の違いがあるからなのです。

ビールも水も食道から胃に入って、胃に一時貯められるまでは同じですが、水の場合は少しずつしか十二指腸に送られず、小腸から大腸を通る間に、腸壁からだけ吸収されています。

一方、アルコール類は、腸壁だけでなく、胃壁からも吸収されます。この時、アルコール類であるビールは、一緒に胃壁から水分も吸収されるので、その分たくさん飲めるのです。

また、アルコールには炭酸ガスや砂糖を加えることによって吸収が早まる上に、利尿作用もありトイレが近くなります。

ビールだとたくさん飲めるのは、アルコール類は、腸壁だけでなく胃壁からも水分が吸収されるから、というのが主な理由のようです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com