面白雑学トリビア特集

「六本木」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
大人の街、夜の繁華街、外国人が多い街、最近ではオシャレな若者の街とも言われる「六本木」。

このような、人が集まる街には、何かしらの要因というものがあります。近くに駅があったり、大きなデパートがあったり有名なお店が出来たり、常に話題に溢れています。

しかし、この六本木にはJRの駅はありません。かろうじて、地下鉄が2本(以前は1本でした)あるだけです。大きなデパートもありません。なぜ、こんなにも多くの人が集まってくるのでしょうか?

新宿や渋谷と比較しても、不思議な街だと思いませんか?

そんな六本木、なぜ「六本木」というのでしょうか。一説によると、その昔六方庵という大屋敷があり、その庭に6本の松の木があったためにこう呼ばれたという説があります。しかし、現在は、この大屋敷も六本の松の木も存在していません。

また、別の説としてこんなものがあります。

この辺りは江戸城にそう遠くない場所として、武士たちには都合のいい場所だったらしく、武家屋敷が多くありました。その中に、「上杉」、「朽木」、「青木」、「片桐」、「高木」、「一柳」という家があり、どの家も『木』に関係しているので、そこから転じて、「6個の木のつく家がある」から、「六本木」となったという説です。

いずれにしても、「六本木がなぜそう呼ばれているのか」という問いに対する明確な解答は無いそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com