面白雑学トリビア特集

城と松の意外な関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本的な建造物の代表といえば「お城」です。この「お城」には、付き物のように「松」が植えられていることが多いです。

「お城」に「松」、なんとも情緒があり、日本的な風情を感じさせてくれます。

ところで、「お城」と「松」には、意外な関係があるのをご存知でしたか?

戦国時代の戦は、城の周りに大勢の兵士を集め、包囲する戦術を取ることが多くありました。

攻められた方は、お城の中に立てこもり応戦しました。いわゆる籠城というやつです。

この籠城をするために、一番重要となるのは、「腹が減っては戦はできぬ」という言葉があるように、食料です。食料がないと、勝てる戦も負けてしまうからです。

そこで、日の目を見るのが「松」なのです。

松の生皮を臼でひいて水にみたし、その汁を川でこして干すと粉ができます。この粉を使って、餅や団子を作って空腹を満たしていたのです。

もともと、松の葉などにはビタミン、ミネラルが豊富な食材なので、非常食として植えられていたのでした。

私たちが、風情があると感じていたお城の松は、優雅なものではなく、緊急時のためのものであったとは意外でしたね。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com