面白雑学トリビア特集

マジックミラー

このエントリーをはてなブックマークに追加
こちら側からは見えないのに、向こう側からは見えているという不思議なもの、それが「マジックミラー」。

警察の取調室などにあるというイメージがありますが、その他にも、車の窓や、オフィスなどにも使用しているので、一般的に知られている物です。

しかし、その仕組みを具体的に知っている人はあまりいませんよね。

どうして、片一方からは見えるのに、反対側からは見えないのでしょうか。その原理は、意外に簡単だということを知っていましたか?

例えば、レースカーテンがかかっている窓を思い浮かべてみてください。

昼間は部屋の中を見ることが困難なのに対し、夜になると中の様子を見るのが簡単になります。

反対に、部屋の中からは、昼間の方が外の景色が見えやすく、夜になると外が見えにくくなります。

これは、明るいところから暗いところを見るときは、反射される光が強いので、暗い方を見ることが出来なくなってしまうためです。

マジックミラーは、ガラスに半透明の水銀を塗って、明るい方にいる人には光が強く反射して単なる鏡に見えるようにしたものです。

最近では水銀の代わりに、アルミやクロムを蒸着させているそうです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com