面白雑学トリビア特集

R指定のRの意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
R指定映画というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?暴力的?ちょっと大人?あるいはポルノ?日本では1998年に一般映画、R指定、成人映画という区分を一般、PG-12、R-15、R-18という4つに細分化しましたが、これらを決めるのが映倫管理委員会、映倫維持委員会、つまり「映倫」です。

PG-12のPGとはParental Guidance (suggested)の略で、小学生以下の入場自体を禁止するわけではなく保護者同伴であれば可というものです。性や暴力表現、ホラー映画や模倣されては困るものがあれば、この指定を受けます。

R-15は元々単なるR指定だったものでRはRestricted(制限付)の略。PG-12の基準に加えて、いじめを描写したものは、この指定を受ける事になります。

そしてR-18。反社会的なものや、麻薬・覚せい剤の使用を賛美するもの、性的感情を刺激するものがこれで、かつて「成人映画」と呼ばれていたものも含まれ、ソフトポルノもハードポルノもコレです。

ちなみに映倫による審査や規制は、あくまでも自主的なもので、法的強制力は持ちません。が、さすがにR-18指定を守らない場合は補導される可能性があります。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com