面白雑学トリビア特集

生まれたばかりの赤ちゃんが笑う

このエントリーをはてなブックマークに追加
生まれたばかりの赤ちゃんが、うとうと眠りながら口の端をニッと上げてほほえむことがあります。

それを、たまたま見つけた母親は「楽しい夢でも見ているのね」と、お産のつらさも一時忘れて、ほのぼのした気持ちになります。

しかし、昨日や一昨日生まれたような赤ちゃんが、夢など見るのでしょうか。

起きているときでも、1人静かにほほえんでいることがあり、まるで思い出し笑いでもしているようです。

赤ちゃんは、生後1ヶ月くらいたつと、母親の笑いかけなど外部からの刺激によって、よく笑うようになりますが、それ以前の自然なほほえみは、医学的には自発的微笑とか、内因性または反射性の微笑とか、対象なき笑いとかいって、それ以後の笑いと区別されています。

生まれたばかりでなぜ笑うかは、実はよく分かっていません。

無力な赤ちゃんが、大人の可愛いと思う感情を誘発し、保護してもらうために、あらかじめこのほほえみがプログラムされているという説もあります。

とことで、日本では古くから、この最初の笑いが注目されていたらしく、「神笑い」「仏笑い」「虫笑い」、また「天神さまがくすぐっている」などと、いろいろにいわれてきました。

「虫笑い」は「おなかのなかで虫が騒ぐので、くすぐったいから」と説明されています。

「カンの虫」「虫が好かない」「虫の居どころが悪い」「虫が知らせる」など、はっきり説明のつかないことを腹のなかにいるらしい「虫」のせいにする例は、枚挙にいとまがないほどです。

生まれたての赤ちゃんがなぜ笑うか。昔の人も不思議に思い、そこに神秘的なものを感じていたということでしょう。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com