面白雑学トリビア特集

プロゴルファー猿の取り消された合格

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロゴルファー猿の主人公の猿は、プロテストを受けて合格しましたが、他のテスト生からのクレームにより合格を取り消されました。

藤子不二雄Aの代表作でもあるプロゴルファー猿の主人公である猿。原作マンガのラストで猿はプロテストに挑戦します。テスト最終日はすさまじい暴風雨でしたが、協議の結果テストは決行されます。合格の規定ラインは6オーバー以内であるが、悪天候のために合格ラインをオーバーするものが続出してしまいます。そんな中、猿だけが4オーバーでホールアウト。唯一の合格者となったところで物語は終了しました。

それから約20年後の話を描いた「サル」(ビッグコミックにて99年から連載)にてその時のいきさつが語られました。物語は一人の女性記者がアメリカにやってきたところから始まります。

彼女の話だと、猿はプロテスト合格後に突然消息を絶ったらしいのです。それから20年、アメリカのあるツアーに出ているという情報を聞きアメリカにやってきました。そしてついに猿と対面。

猿から当時のことを聞かされたトータルで4オーバーと叩いたがトップ合格した。しかし、他のテスト生から当日の気候条件が厳しすぎるとクレームがついた。そして協議の結果、プロテストのやり直しが決定し、猿の合格も無効になってしまった。猿は再びプロテストを受ける気力が失せ、日本を離れたのでした。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com