面白雑学トリビア特集

ゴキブリの生命力

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本では昔から忌み嫌われ、御器(ごき)かぶりが名前の由来となっているゴキブリ。

3億年以上前から存在する「生きた化石」とも呼ばれ、汚い場所でもしぶとく生きているその生命力は、ゴキブリ並みの生命力という表現があるほどです。

生命力の原因の1つはその雑食性。

日本の人家に多いチャバネ、クロゴキブリの場合、人間が食べるものはもちろんですが、他の動物の死骸、ノミやダニ、人間のフケやアカ、風呂の石鹸や湯垢、木製家具、建材、さらには共食いまでします。

家からゴキブリのエサを取り除くのはほぼ不可能で、仮にエサが無いとしても水があれば1ヶ月以上は生きられる程の生命力です。

またゴキブリは自らの体内で抗菌物質を作ることが出来ます。

体の表面に油のように膜が張るためバイ菌には強いのです。だから汚い場所でもゴキブリ自身は清潔なんですが、一方でゴキブリは病原菌を運ぶため、人間にとっては不潔で病気の原因となることもある厄介な生き物なのです。
〈 戻る雑学トップ次へ 〉
コンテンツ一覧
雑学大辞典業界用語今日は何の日?怖い話/怪談都市伝説画像倉庫ファミコンデコメ顔文字全国平均比較携帯裏技金融知識初心者用

© mobajie.com