都市伝説

理科室の標本

理科室にある人体模型が夜中になると動く。

小学生や中学生の時によく話されていた内容だが、人の形をした人形などには『魂』が宿るとされていたため、リアルな人体模型や標本は、人に異様な感情を抱かせる。

実は一昔前までは本物の人骨を使った骨格標本もさほど珍しいものではなかったという。
実際に生きていた人間の骨が標本として理科室に置いてあるのだ。

だれも居ないはずの教室から音がする。夜中に校舎を見回っていた用務員の話は全国でいくつも存在するようだ。

今では木や人工の素材となり、少なくなった人骨の標本。

もしかしたら、あなたの学校の模型はそうだったのかも知れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
都市伝説一覧
恐怖の都市伝説
1度聞くと忘れられない
学校の都市伝説
学校に伝わる不思議な話し
芸能界の都市伝説
芸能界にまつわる噂話し
地域の都市伝説
語り継がれる奇妙な話し
海外の都市伝説
海の向こうの怪奇現象

恐怖【怪談話】心霊
本当にあった怖い話

←都市伝説トップへ戻る
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

© mobajie.com