業界用語辞典

Tシャツの業界用語

oz(オンス)
重さの単位。1oz=28.35gで、基本的に重い方が厚手でしっかりしている。

オーガニックコットン
一切の化学肥料を使わずに完全無農薬の有機栽培で育てられたコットン。

サンホーキンコットン
カリフォルニア州のサンホーキンバレイで太陽の光をいっぱいにあびて育ったソフトでやさしい肌触りが際だったコットン。

コーマ糸
綿花の中のまだ未成熟の部分を取り除き、良質な部分だけを使用した糸。

カード糸
輸入Tシャツに多く見られる綿糸で、不良部分が約5%ほど除去されている。

セミコーマ糸
コーマ通しにより約10%の不良部分を取り除いた綿糸。

SZ糸
綿糸を撚る際に、右撚り(S撚り)と左撚り(Z撚り)を一定間隔で交互に入替えた糸。

番手
糸の太さの単位。綿糸の場合、基準重量1ポンド(約453g)あたり単位長840ヤード(約0.914m)の何倍になるかで表す。

天竺編み
平編みの別称。適度な伸縮性があり、体にフィットするのが特徴。

フライス編み
ゴム編みとも呼ばれ、天竺編みよりも一層伸縮性に富み、衿や袖口に使われることが多い編み方。

白度
白いTシャツの白の度合いのこと。

染色堅牢度
洗濯を重ねた時の色落ち、色あせの基準。

カラーマッチング
Tシャツの色を合わせること。

脇縫い
Tシャツのボディの種類。前後を2枚の生地で縫い合わせたもの。

丸胴
Tシャツのボディの種類。丸編み機で編んだ筒状の生地を使ったもの。

手付け衿
衿と身生地を共に内側に折り込んで、裏側からオーバーロックミシンで縫い合わせる衿の縫製方法。

セットイン
袖を垂直に縫い合わせたもの。普通のTシャツはほぼこうなっている。

バインダー衿
二つ折りにした衿で、身生地をはさみ込んで、表側からミシンで縫いつける衿の縫製方法。

二本針
二本平行にステッチしていくファクトリーミシンで縫うことを言う。

ナチュラルフィット
多少大きめを好まれる日本人のテイストに合わせて、ルーズでもタイトでもない、Tシャツと肌の間に空気の層が一枚入るようなサ イズを標準として、ナチュラルフィットと呼んでいる。

タイトフィット
鍛えられた肉体のフォルムを美しく浮き立たせ、適度の締め付け感のあるシルエット。

ルーズフィット&ビッグ
全体にたっぷりしたシルエット。

スクリーンプリント(シルクスクリーン)
デザイン原画を、使われている色別に分けて、枠に張った紗に製版して、1色ずつインクを重ねていく方法。

転写プリント
生地に転写するための特殊な紙に、カラーコピーやカラープリンターで画像を印刷し、その紙を生地に高温高圧でプレスする方法。

ヘビーウェイト
厚手の生地のこと。

Hanes(ヘインズ)
アメリカ生まれのブランド。元はたばこ工場だったが、アンダーウェアメーカーとして成長していく。しっかりした作りと洗ってもくたびれない生地が特徴で、オリジナルTシャツのベースとしても人気が高い。

anvil(アンビル)
アメリカのスポーツウェアー・Tシャツブランド。ドライな肌触りが心地よい生地で、プリントTシャツに最適。

Print Star(プリントスター)
オリジナルプリント用としても大人気のTシャツ生地ブランド。カラーバリエーションが豊富。

UNITED ATHLE(ユナイテッドアスレ)
高品質でリーズナブル。Tシャツボディーの定番ブランド。

↑上
このエントリーをはてなブックマークに追加

≪業界用語トップ
≪モバジエトップ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM