業界用語辞典

鶏肉の業界用語

ウィンドレス鶏舎
換気のために、換気扇などで機械的に環境を調整した鶏舎。

おおびな
孵化後10週令(70日齢)を超えたニワトリのこと。

えづけしりょう
鶏用ベビーフードのようなもの。

インテグレター
鶏肉の生産から販売までを一貫して当社で管理しているということ。

アンセリン
マグロ・カツオなどの回遊魚の筋肉中に多く含まれる物質。

コッブ種
アメリカのコッブバントレス社で育種改良された肉用鶏。

かきん
その肉・卵・羽毛などを利用するために飼育する鳥の総称のこと。

くうしゃきかん
鶏舎に、鶏がいない期間をいう。

コンポスト工場
生ゴミ及び畜糞等の有機性廃棄物から堆肥化施設のこと。

カルノシン
アンセリンと似たような構造の抗酸化物質で、ガン・糖尿病・高血圧・白内障の予防、疲労緩和の効果が期待され、注目を集めている物質。

こうきしりょう
体重を大きくするため、カロリーを高めに設定した餌。

グレーディング
1羽づつ体重を量り、群の20%小さい鶏を拾うこと。

コクシバック
コクシジュウム症をコントロールする手法。

しゅけい
ブロイラー(肉用鶏)やレイヤー(採卵鶏)の親となる鶏。

そびな
孵卵場で生まれたばかりのヒヨコのこと。

セミウィンドレス
開放鶏舎とウィンドレス鶏舎の両方のメリットを採用した環境調整鶏舎。

ぜんきしりょう
餌付け飼料の次に鶏が食べる餌。

しあげしりょう
抗生物質、合成抗菌剤が添加されていない餌。

せいちょう
生きた鳥のこと。

せいけいにく
肉片や脂身をリテーナーと言われる型枠に入れて形を整え、結着加工させたもの。

たいせいきん
抗生物質が効かなくなった細菌のことを言う。

トレースバック
消費者から生産、加工、流通の各段階の情報を遡って知ることができること。

とたい
放血、脱毛処理された鶏のことをいう。

ちゅうびな
孵化後4週間を越え、10週令以内のニワトリのこと。

デビーク
雛の嘴を3分の1カットすること。

チャンキー種
イギリスのAviagen社で育種改良された鶏。

にちぞう
1日あたりでどのくらい鶏の体重が増えたかを表す数字。

ぶどまり
生鳥体重から食用となる部位の肉の占める割合。

ポジティブリスト
食品に一定量以上の農薬、飼料添加物、動物医薬品が残留しているものは販売を禁止する法律。

ふくひんもく
もも肉、むね肉、手羽もと、手羽さき以外の部位のこと。

ふかしょく
食用に適さない内臓類のこと。

むせいらん
雌鶏が高配せずに産卵した受精していない卵。

めいがらどり
両親が地鶏に比べ増体に優れた肉専用種といわれるもの。

ようきゅうりつ
鶏の体重を1kg増やすのに必要な餌の量を表した数字。

ようけい
肉や卵を得るために鶏を飼養すること。

レイヤー
採卵鶏と言われ、卵を産むことを目的に育種改良された鶏。

わかどり
5ヶ月令未満の若い鶏のこと。

ワクチン
孵化場で孵化したばかりのヒヨコに1羽1羽注射している。

↑上
このエントリーをはてなブックマークに追加

≪業界用語トップ
≪モバジエトップ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM