業界用語辞典

書店・本屋の業界用語

赤伝
返品伝票のこと。

委託
出版業界では特殊なケースを除いて、ほとんどの書籍・雑誌が委託品になっている。

印税
出版社が著作権者に払う著作権使用料。3%〜10%まで様々。

奥付
書籍の後ろページにある発行日、著者、発行者、印刷所などが書かれたページ。

オビ
本にかけられた宣伝文句の書かれた帯状の紙。別名・腰巻。

オンライン書
インターネットに出店した書店。在庫検索や注文ができる。

買切
返品ができない条件の本。

客注
お客さんからの注文。

再販制度
日本では出版物の定価販売が義務付けられており、一定期間割引などは出来ない。

自由価格本
出版社が定価を設定しない本。非再販本とも呼ぶ。販売店が価格競争出来る利点がある。

重版
既刊の出版物を再び発行すること。増刷とも呼ぶ。

シュリンク
コミックや攻略本にかかっているビニールのこと。

常備寄託
委託品だが、税務上出版社の社外在庫扱いのため寄託と言う。

ショタレ
書店で返品不能となってしまった本。

初版
最初に発行された本。二度目からは第二刷、第三刷という表示になる。

スリップ
雑誌以外の本に挟まっている短冊。本を買う時にはレジで抜き取られる。

ボーズ
スリップ中央の丸い部分。

絶版
もうこれ以上印刷しない本。

棚さし
本の陳列方法の一つで、棚に差して並べることをいう。

短冊
注文票のこと。

帳合
書店の仕入先である取次会社のこと。

店売
店頭販売。

延勘
書店が商品代金の支払いを先に延ばすためにする取引条件。

配本
出版社と取次店の交渉で決定した部数を、全国の書店に発送すること。

番線
書店が本を注文する際に押すゴム印。

版元
出版社のこと。

B本
再販制度に縛られない、自由価格本のこと。

ムック
雑誌のようなスタイルで、内容は書籍のようにワンテーマに絞ったものが多い。

平積み
本の陳列方法の一つで、台の上に表紙を見せて何冊も重ねて置くこと。

フンドシ
細長い用紙に本の宣伝が書かれたビラ。書店のガラスに貼ってあることが多い。

返品
本を取次店に返すこと。商品の代金は書店に戻ってくる。

POSレジ
バーコードやISBNコードを読みとって販売するレジ。

面陳
本の陳列方法の一つ。棚の中で表紙を見せて陳列すること。

落丁
ページの一部が抜けたまま製本された不良品。

乱丁
ページの順序が違ったり、逆さまになったまま製本された不良品。

取次店
問屋。トーハン・日販・大阪屋など、約40社ある。

トーハン
取次店のひとつ。取次の中では、日販と1・2の座を争っている。

日販
取次店のひとつ。取次の中では、トーハンと1・2の座を争っている。

大阪屋
取次店(問屋)のひとつ。取次の中では3番目の規模になる。

角川Webホットライン
書店専用受注サイト。

ウインビー
河出書房新社の、書店専用受注サイト。

S-Book.net
書店専用の受注サイト。

BON
書店専用受注サイト。

講談社Webまるこ
書店専用受注サイト。

アマゾン(Amazon.com)
アメリカの通販サイト。元は書籍のみを扱っていたが、今は大規模なショッピングモールと化している。

↑上
このエントリーをはてなブックマークに追加

≪業界用語トップ
≪モバジエトップ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM