業界用語辞典

サーフィン・サーファーの業界用語

ショート・ボード
6.11ftまでの長さのボード。

ファンボード
長さが7ft〜8.11ftまでのボード。

ロング・ボード
9ft以上の長さのあるボードのこと。

ガン
ビックウエイブ用に作られたサーフボード。

ノーズ
ボードの先端部。

テール
ボードの後端部。

エッジ
ボードのレールやボトムにある角度のこと。

スケッグ・フィン
サーフボードのボトムのテールよりについている舵のこと。

ストリンガー
サーフボードの中心にある木製の薄い板。

チャンネル
ボードのボトムについた溝。

ボトム
サーフボードの接水面。

トライフィン
フィンが3つ付いているサーフボード。

ラッシュガード
体の擦れや日射しから体を守る薄手の衣類。

リーシュ
ボードと体をつなぐコードのこと(別名 パワーコード)。

ライディング
波に乗る行為。

ロングライディング
長く波に乗ること。

インターフェア
波に乗るサーファーの進路を邪魔する行為。

インサイド
岸に近い海のこと。

アウトサイド
波がブレイクしはじめている沖のエリアのこと。

オフショア
岸から沖に向かって吹く風のこと。オンショアはその逆。

カレント
海の中の潮の流れ。

風波
うねりではなく、風の影響で立った波のこと。

カール
波の先端が巻いている状態。

グーフィー
岸から見て、左から右に向かって徐々に崩れていく波。

グリーンルーム
チューブの中の空間のこと。

クローズアウト
波のサイズが大きくなりすぎ、波が左右に徐々に崩れずに一度に崩れてしまう状態。

スープ
波が崩れた後に出来る白い泡立った波の事。

シャロー
浅瀬のこと。

ショアブレイク
波打ち際でブレイクする波。

スウェル
うねり。

スロープ
波の斜面のこと。

フェイス
波の斜面のこと。

フラット
波が全くない状態。

ビーチブレイク
海底の地質が砂のポイントのこと。

チョッピー
強いオンショアにより海面が白くさざ波立ってしまうこと。

グラッシー
無風状態の時、波の面がツルツルで、ガラスのような状態。

ダッグダイブ(ドルフィンスルー)
沖を目指す際に波の下をくぐり抜けてかわす行為。カッコ内は日本特有の呼び名。

パドリング
沖に出るために漕ぎ出す行為。

ニーリング・ニーパドル
ボード上に正座してパドルする方法。

プルアウト
乗っている波から降りて、ライディングを止めること。

ワイプアウト
バランスを崩してボードから落ちること。

キックアウト
プルアウトの一種でボードを蹴り出して波の上に飛び出すこと。

オフザトップ
鋭いボトムターンから波のトップへ向かい、ターンを くり出すテクニックのこと。

エアリアル・エアボーン
波を飛び出して空中で決める技。

パーリング
テイクオフしたときにボードの先端から、波に突っこんでしまうこと。

スラローム
大きなカーブを描きながら連続ターンをすること。

マニューバー
ライディングによって、波のフェイスに描くラインのこと。

スプーキー・ウィンディー
風が強い状態。

シェイパー
サーフボードを作っている職人さん。

リペア
修理すること。

ワックス
サーフボードのデッキに塗る滑り止め。

ロッカー
サーフボードの反り。

ローカル
サーフポイントのそばに住む地元の人。

↑上
このエントリーをはてなブックマークに追加

≪業界用語トップ
≪モバジエトップ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM