業界用語辞典

葬儀屋・葬式の業界用語

遺骨
火葬などにして、後に残った骨。

位牌
故人の戒名、俗名、没年月日等を記した木製の札。

エンバーミング
薬品などを用いて遺体に防腐・保存のための処置を施すこと。

忌中
近親者が死亡した後、49日忌明けまでの間、喪に服す期間。

経帷子
仏式で死者を葬るとき、死者に着せる白い着物。

香典
香に代えて故人に供える金銭や物品のこと。

告別式
故人と親しかった友人・知人などが、故人と最後の別れをする儀式のこと。

心づけ
使用人や給仕なのに謝意を示して、お金などを与えること。

散骨
遺骨を粉状にして海や山、河にまく儀礼。

死装束
死者に着せる衣装。

宗旨
宗教の流派・分派のこと。

生前予約
自分の死後の葬儀の内容や費用などに関して生前に予約すること。同義:プレニード

荼毘
火葬のこと。(だび)

檀家
その寺の信者となり、お布施などの経済的な援助を行い、葬式・法事などを行ってもらう家。(だんか)

弔問
死者の遺族を訪問して、お悔やみを述べること。(ちょうもん)

友引
六曜の一つで何をしても勝負がつかない日。

納棺
遺体を棺に納めること。

分骨
2カ所に納骨をしたい場合、骨揚げの時に分骨用の骨壺を持っていく。(ぶんこつ)

菩提寺
先祖代々の位牌やお墓が置いてあり、葬式や法事を行う寺。(ぼだいじ)

枕飾り
遺体を安置した枕もとに設ける臨時の祭壇。

末期の水
臨終に際して、死んでいく人の口にふくませる水。死に水ともいいます。(まつごのみず)

守り刀
遺体の魔除け用として遺体の上に置く。

密葬
内々でする葬儀。

湯灌
仏葬で、棺に納める前に遺体を湯で拭き清めること。(ゆかん)

夜伽
通夜などで夜通し付き添うこと。(よとぎ)

臨終
死に臨むこと。死に際。

↑上
このエントリーをはてなブックマークに追加

≪業界用語トップ
≪モバジエトップ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM