業界用語辞典

バンドの楽器や機材の業界用語

フェンダー
アメリカの有名ギターブランド。ソリッドボディのエレクトリックギターを世界で初めて量産した事でも知られる。

ストラト
ストラトキャスター。フェンダー社のギターで、おそらく世界一多く出回っているエレキギター。

ギブソン
フェンダーと並ぶ、ギターの2大メーカーのひとつ。元は「オーヴィル・ヘンリー・ギブソン」が1894年ミシガン州カラマズーでマンドリン製作を始めたところから始まっている。

レスポール
こちらはギブソン社で最も有名なギター。ギタリストLester William Polfus氏と共に作られた名品。

ジャズベ
ジャズベース。フェンダー社が作るベースで、後述のプレベと並んでもっともメジャーなベース。

ピック
ギターを弾く時に使う道具。ティアドロップ型やおにぎり型などがある。

ピックアップ
エレキギターやベースの弦の振動を拾って電子音に変える部分。ピックアップの性能により音のキャラクターが違う。

シングル
シングルコイルピックアップの事。クリーンサウンドに強い。

ハム
ハムバッキングピックアップの事。歪系の音でノイズが少ない。

アーム
トレモロアームのこと。ストラトをはじめとする多くのギターに付いている。

ストラップ
ギターやベースを立って弾く場合に肩に掛けるために使う道具。


ギターやベースに張るもの。クラシックギターではナイロン弦、エレキではスティール弦が一般的。

カポタスト
ギターのネックに取り付け、あたかもそこを0フレットのようにして使うための道具。

エフェクター
エレキサウンドに効果を付けて出力する物で、その種類は豊富にある。「歪系」「空間系」「ダイナミクス系」「シンセ系」など、用途に応じて使い分ける。

キック
バスドラムの事。リハーサル時、PAが「キックください」というふうに使う専門用語。「バスドラ叩いてください」の意味。

スネア
「小太鼓」のこと。ドラムセットの中で一番よく叩かれるパーツ。

ハイハット
バスドラムとスネアの間に「チキチキ」と刻む金物。この3つで三点セットと呼ばれる。

タム
別名タムタム。バスドラとスネアの中間的な音を出す太鼓のこと。大きな寸胴のようなフロアタムなどもある。

クラッシュ
ドラムのシンバルでクラッシュは、シャーンと派手な音で鳴るタイプ。

チャイナ
チャイナシンバルの略。民族楽器のような独特な響きがある。

スプラッシュ
とても小さなシンバルで、音にバリエーションが欲しい時に導入する。

エレドラ
エレキドラムの略。電気信号で音を鳴らすため、自宅で練習する場合など近所迷惑にならない。

58
ヴォーカルマイクの最もスタンダートな「SHURE(シュア)」というメーカーのマイク「SHURE SM-58」のこと。

キャノン
スタジオで使われるジャックには、大きく2種類がある。ひとつが「標準ジャック」で、もうひとつが「キャノンジャック」である。

ミキサー
色々な楽器の出力をまとめて、音量バランスを整えてから、スピーカーで鳴らすための機械。

シールド
ギターとアンプ、マイクとミキサーをつなぐためなどに用いられるコードのこと。

ウィング
マイクスタンドの種類。ストレートと区別される。

ストレート
縦に一本伸びているだけのマイクスタンド(よくヴォーカリストが振り回すタイプ)をという。

アンプ
エレキギターやベースの音を鳴らすための機材。音を入力して増幅させるアンプヘッドと、大きなスピーカーから音を出すキャビネットに分かれているタイプもある。

シンセ
シンセサイザーの略。電子音を加工して様々な音を出す事が可能。中にはオーケストラや波の音など、一台で何でも出来てしまう高機能なものまで存在する。

サンプラー
音を録音した後に、好きな長さに調節したり、エフェクトを掛ける事が出来る機材。クラブミュージックが流行った事により、広く使われるようになった。

アンプシミュレーター
自宅で大きなアンプが使えなくても、このアンプシミュレーターを通してギターを弾くと、実際のアンプで鳴らした時と近い状態の音を作り出す事ができる機材。

↑上
このエントリーをはてなブックマークに追加

≪業界用語トップ
≪モバジエトップ
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM