金融基礎知識

リボルビング返済って何?


リボ払いともいわれ、通常の分割返済は利用額や支払い回数によって毎回の借金返済額が決まりますが、リボルビング返済は月々の支払金額をあらかじめ決めたうえで、利用金額応じて借金返済回数が決まります。

したがって、「月1万円ずつ返す。」といったことが可能になります。

リボ払いはさらに3通りに分かれます。


㈰残高スライドリボルビング方式
ご返済方法では最も多い方法で、多くの金融機関が採用しております。呼び方は各金融機関によって異なりますが、『借入金額スライドリボルビング方式』、『残高スライド元利定額スライド方式』なども同様です。

(例)10万円を30日間ご利用(実質年率18.00%)の場合
[元金] 10万円
[利息] 10万円×0.1800÷365日×30日=1,479円
※元金×実質年率÷365日×ご利用日数で、お利息は日割りで計算されます。

→ [合計] 10万1,479円 このうち、毎月定額(たとえば1万円など)を返済しますので、返済額は1万円、翌月は残高部分の9万1,479円に対して利息がかかってきます。


㈪元利定額リボルビング方式
支払利息額を含んだ定額を支払う方式で、原則、新規借入時に定額が決定されます。返済上は上記の残高スライドリボルビング方式と同じく、毎月定額(たとえば1万円など)を返済しますが、その返済額の中に利息も一部入って返済しているという点で異なります。


㈫元金定率リボルビング方式
借入金額に対して定率の金額と支払利息部分の合計を返済していく方法です。

(例)10万円を30日間ご利用(実質年率28.00%)の場合
[元金] 10万円
[利息] 10万円×0.2800÷365日×30日=2,301円
 ※元金×実質年率÷365日×ご利用日数で、お利息は日割りで計算されます。

→ [合計] 10万2,301円
このうち、毎月定額(たとえば1万円など)+お利息を返済しますので、返済額は1万2,301円、翌月は残高部分の9万に対して利息がかかってきます。
残高スライドリボルビング払いって何?≫

≪戻る
コンテンツ一覧
雑学大辞典|業界用語|今日は何の日?|怖い話/怪談|都市伝説|画像倉庫|ファミコン|デコメ|顔文字|全国平均比較|携帯裏技|金融知識|初心者用|キーワード

(C)モバジエ.COM